1. ホーム
  2. auひかり
  3. ≫auひかりの乗り換えキャッシュバックは手続き不要

auひかりの乗り換えキャッシュバックは手続き不要

光回線の『通信速度が速い』『通信速度が遅い』というのは、実際のところ回線を引いてみなければわからないので、現在あなたがフレッツ光を快適に使っていても、引越し先で快適に使えるとは限りません。

引越しを機に、フレッツ光よりも安定していると言われる光回線、auひかりに乗り換えて、高額キャッシュバックをゲットしませんか?

『でも、フレッツ光の解約金が・・・』
『工事費って高いんでしょ?』
『月額料金が高くなりそう』

そう思っているあなたに朗報です。auひかりは、上記すべての悩みを解消するキャンペーンを行なっています。

しかも、フレッツ光からauひかりへの乗り換えは簡単2ステップです。

auひかりの乗り換え方、プロバイダの選び方、そして高額キャッシュバックを確実にゲットする方法を、わかりやすく簡潔に説明します。

auひかり乗り換えキャッシュバック

auひかりの高額キャッシュバックは手続き不要

優良代理店からauひかりを申し込めば、手続き不要で最大50,000円のキャッシュバックを受け取れます。

下記でauひかりの代理店を比較しているので、高額キャッシュバックを簡単にゲットできる代理店選びの参考にしてみて下さい。

フレッツ光利用中で引越しをするならauひかりへの乗り換えで高額キャッシュバックをゲットするチャンス

引越し先がauひかりの対応地域なら、auひかりに乗り換えて高額キャッシュバックをゲットするチャンスです。

手続きは2ステップで簡単です。

  1. auひかりを申し込む
  2. NTTとプロバイダに解約の連絡をする

20日までに解約の申請をしなければ、翌月も継続利用になってしまうプロバイダもあるので、引越しが決まったら早めにNTTとプロバイダに解約の連絡を入れましょう。

auひかりに乗り換える不安を解消する3つの公式キャンペーン

『更新月じゃないから、今の回線を解約すると解約違約金を払わなきゃいけない』
『auひかりにしてもいいけど、初期工事費って結構高いでしょ?』
『auひかりって通信速度が速いって聞くけど、その分月額料金も高くなるんじゃない?』

3つの不安すべてを解消するのが、下記3つの公式キャンペーンです。

  • 他社解約違約金相当を還元するスタートサポート
  • 初期工事費相当額を割引
  • 月額最大2,000円安くなるauスマートバリュー

他社解約違約金はauひかりがスタートサポートで最大30,000円まで還元してくれる

auひかり公式キャンペーンのスタートサポートは、他社解約違約金を還元してくれるサービスです。

最大30,000円までau WALLETプリペイドカードへのチャージか、郵便為替で還元してくれますが、還元額の上限はプロバイダによって違います。

解約違約金が多くなりそうな人は、最大30,000円まで他社解約違約金を還元してくれるプロバイダを選びましょう。

初期工事費相当額が割引される公式キャンペーン

auひかりの初期工事費は、ホームタイプで37,500円、マンションタイプで30,000円かかります。

しかし、公式キャンペーンで初期工事費相当額が割引されるので、実質0円でauひかりを導入できます。

代理店サイトから申し込めば初期工事費は実質0円になりますが、公式サイトなどから変な方法で申し込むと初期工事費相当額が割引されないことがあるので気をつけましょう。

auスマホの月額料金が最大2,000円割引になるauスマートバリュー

auひかりはプロバイダ一体型の光回線で、もともとフレッツ光より月額料金は安いですが、au携帯電話を使っていれば、au携帯電話の月額料金も安くなります。

au携帯電話とは、iPhone、iPad、スマートフォン、ケータイのすべてを指します。

au携帯電話が割引になるauスマートバリューを適用させるには、毎月500円かかるauひかり 電話サービスへの加入が必要ですが、auスマートバリューが適用されれば、毎月500円以上au携帯電話の料金が割引になるので、au携帯電話を1台でも持っていれば、たとえ固定電話を使わなくてもauひかり 電話サービスに加入した方がお得です。

auひかりのプロバイダは速度も料金も変わらない

auひかりはフレッツ光と違って、どのプロバイダを選んでも通信速度や月額料金に違いはありません。

しかし、プロバイダによって、キャッシュバック額や解約違約金相当額還元の上限が変わります。

どのプロバイダにするか迷っているのなら、キャッシュバック額が高いプロバイダを選びましょう。

KDDIのADSL ONEからauひかりに乗り換えてもキャッシュバックされる

KDDIのADSL ONEからKDDIのauひかりに乗り換えても、新規扱いになるので代理店サイトから申し込めばキャッシュバックされます。

しかし、プロバイダau one netをauひかりでも継続して使う場合は、契約変更になり新規扱いにならない場合があります。

ADSL ONEからauひかりに乗り換えるときは、au one net以外のプロバイダを選びましょう。

工事前に申し込みをキャンセルして再申し込みしてもキャッシュバックされる

auひかりは高額キャッシュバックを行なっている代理店が多いですが、手続きを複雑にしてキャッシュバックしなかったり、キャッシュバックの適用条件として、必要のないオプションやウォーターサーバーの契約が必要だったりと、詐欺まがいのキャンペーンを行なっている代理店も少なくありません。

悪質な代理店から間違ってauひかりを契約してしまった場合、工事前ならプロバイダに連絡するだけで契約の申し込みをキャンセルできます。

工事前に申し込みをキャンセルすると何も契約していなかった状態に戻るので、再度優良代理店サイトから申し込んでも新規扱いになり、高額キャッシュバックをもらえます。

auひかりの乗り換えで騙されずもっともお得に申し込めるキャンペーンを行なっている代理店

キャッシュバックが困難な悪質代理店ではなく、手続き不要、オプション不要、高速で高額キャッシュバックをゲットできる優良代理店を見つけられるように、下記でauひかりの代理店を比較しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

auひかり コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)