1. ホーム
  2. auひかり
  3. ≫auひかりとWiMAX、Y!mobileを比較すると外出先で使いたい理由以外はauひかりがお得

auひかりとWiMAX、Y!mobileを比較すると外出先で使いたい理由以外はauひかりがお得

あなたが、auひかりとWiMAXを迷っているのは、月額料金を安くしたいからですよね。

『固定回線のauひかりより、モバイルインターネットのWiMAXやY!mobileの方が安い』と思っていませんか?

少なくとも、私は思っていました。

auひかりとWiMAX、Y!mobileの違いは料金と速さ

安定している固定回線のauひかりではなく、WiMAXを選ぶメリットは2つです。

  • 外でネットを使いたい。
  • 料金が安い。

高速インターネットのauひかりではなく、WiMAXを選択する理由は、上記2つに絞られます。

特に、料金の安さを一番のメリットと考える人が多いです。

料金で選ぶならWiMAXやY!mobileじゃなくてauひかり

実は、WiMAXとauひかりの月額料金はそんなに変わりません

WiMAXを取り扱っているプロバイダはたくさんありますが、その中でも人気のある3社、『とくとくBB WiMAX2+』『So-net WiMAX2+』『@nifty WiMAX2+』の料金を見てみましょう。

プロバイダ 金額
とくとくBB 4,604円
So-net 4,513円
@nifty 4,698円

 
ギガ放題プランは、3社とも税込で4,500円強といったところです。

Y!mobileはWiMAXより、もっと高いです。

金額
Y!mobile 4,730円

 

『スマホで動画を観るために、家でWi-Fiを安く使いたい』という人には、Y!mobileはスマホで通話しない人にとっては、まったく安くないので向いていません。

auひかりの月額料金は、固定回線なのに思ったより高くありません。

金額
ホーム 5,292円
マンション 4,104円

 
ホームはギガ得プラン、マンションはタイプV16の料金です。

プロバイダ一体型となっているauひかりの月額料金と、WiMAXの月額料金の差は、意外にもそんなにありませんでした。

マンションタイプにいたっては、『固定回線だから高い』イメージのauひかりの方が、WiMAXより安いです。

auひかりとWiMAX、Y!mobileの速度比較

『auひかりとWiMAXだったら、固定回線のauひかりの方が、モバイルインターネットのWiMAXより速いに決まってる』と思い込んでいましたが、調べてみるとほとんど変わりませんでした。

というか、WiMAXの方が速いかも。

速度
auひかり
ホームギガ得
1Gbps
auひかり
マンションタイプV16
100Mbps
とくとくBB
WiMAX2+
440Mbps
So-net
WiMAX2+
440Mbps
@nifty
WiMAX2+
440Mbps
Y!mobile 612Mbps

 
上記の速度は理論値ですが、固定回線のauひかりマンションタイプV16より、モバイルインターネットのWiMAX、Y!mobileの方が速いのには驚きました。

比較するとauひかりマンションタイプV16が一番遅いですが、100Mbps出ていれば、十分問題なく使えます。

WiMAX、Y!mobileは屋内だと遅くなる

公表されている速度は、あくまで理論値なので、使用環境によって実際の速度は変わります。

理論値では回線速度がauひかりマンションタイプV16より上回っているWiMAXやY!mobileも、屋内でその速さを実現するのは、かなり難しいです。

440Mbps出るはずのWiMAXやY!mobileが屋内だと、1Mbpsも出ないといったことが普通に起こり得ます。

速度 評価
5Mbps以上 サクサク
2Mbps ギリギリ
1Mbps おもい
500kbps 使えない
128kbps うんこ

 

通信速度が1Mbpsを切ると、ゲームができなかったり、動画が読み込めなかったりと、快適にインターネットを使うことができません。

FPSする人はauひかり

無線LANは便利ですが、不安定です。

安定した速度を求めるなら、有線LANで端末を接続することが大事です。

特に、FPSをやる人は、安定した速度の有線LANが必須と言っても過言ではありません。

(FPSとは、First Person shooterの略で、主人公視点のシューティングゲームです。)

FPSをやるにあたり、反応速度を表すping値は50を切らないとラグが発生しやすくなりますが、WiMAXやY!mobileだと90以上になることはザラです。

WiMAXは有線で接続できないので、反応速度が重要なゲーム『FPS』をやる人は、迷うことなくWiMAXよりauひかりです。

WiMAX、Y!mobile最大の弱点通信制限

屋外ではその実力を発揮できるWiMAXとY!mobileですが、最大の弱点は通信制限があることです。

ハイスピードプラスエリアモードを使いすぎると通信速度が99.97%ダウン

自宅で使っている場合は問題ありませんが、外出先でWiMAX回線がつながりにくい場所で使う『ハイスピードプラスエリアモード』には7GBという使用量が定められています。

7GB以上使ってしまうと、440Mbpsの通信速度が128kbpsに制限され、通常より99.97%も遅くなってしまいます。

はっきり言って、ほとんど使えません。

3日間で10GB以上使うと通信制限

3日間で10GB以上使うと、通信速度が440Mbpsから1Mbpsに制限されてしまいます。

しかし、午後6時から8時間の制限なので、一晩我慢すれば元に戻りますし、1Mbpsの速度が出れば普通にネットを使う分には、支障ありません。

ただし、反応速度が重要なゲームができなかったり、高画質の動画などが見れなかったりします。

外出先で使いたいならWiMAX、それ以外ならauひかり

月額料金はそんなに変わらず、通信速度にも差が無いのであれば、無制限に使えるauひかりの方が、WiMAXよりお得です。

『外出先でネットを使いたい』という人以外は、auひかりを選んだ方がいいでしょう。

下記はキャッシュバックがもらえるWiMAXのキャンペーンサイトです。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 最大40,400円キャッシュバック
So-net WiMAX2+ 最大30,000円キャッシュバック
@nifty WiMAX2+ 最大30,000円キャッシュバック

auひかりで最大50,000円キャッシュバックをゲット

auひかりを申し込みたい人は、下記でお得に申し込める最大50,000円のキャッシュバックをもらえる代理店を比較しているので、是非チェックしてみてください。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

auひかり コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)