1. ホーム
  2. auひかり
  3. ≫auひかりとau携帯電話のセットで料金が割引になるメリットと適用条件のデメリット

auひかりとau携帯電話のセットで料金が割引になるメリットと適用条件のデメリット

auひかりとau携帯電話をセットにするとお得になるのは、有名だからなんとなくわかりますよね。

ただ、auひかりのCMもイメージだけで詳細はわかりづらいですし、『安くなるっぽいけど、どれくらい安くなるかはわからない』という人がほとんどでしょう。

auひかりは携帯電話以外にも高額キャッシュバックなど、いろいろな特典を用意していますが、携帯電話に絞るとお得になるサービスは4つです。

  • auスマートバリュー
  • auまとめトーク
  • au自宅割
  • KDDIまとめて請求

上記4つの携帯電話に関するサービスと、どういった人がauひかりを契約するのに向いていて、どういった人が向いていないのかの説明をしているので、auひかりを検討されている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

au携帯電話を持っているならauひかりが一番お得

au携帯電話を持っているなら、インターネット回線はauひかりがどの光回線よりもお得です。

なぜなら、auひかりとau携帯電話を両方契約していると、au携帯電話の料金が毎月最大2,000円も割引になり、しかも家族の分の携帯料金まで安くなるからです。

auひかりは提供エリアが限られていますが、auひかり代理店の株式会社NEXTからauひかりを申し込めば、auひかりが提供できるか調べてくれますし、提供できない場合はau携帯電話が安くなるほかの回線を提案してくれます。

au携帯電話が割引になるサービスはauひかり 電話サービスの加入が必須

auひかり 電話サービスとはauひかりの回線を利用した固定電話のことで、毎月500円の月額料金がかかります。

au携帯電話が毎月最大2,000円安くなるauスマートバリューをはじめ、料金が安くなるauひかりのサービスは、auひかり 電話サービスの加入が適用条件となっています。

  • auスマートバリュー
  • auまとめトーク
  • au自宅割
  • KDDIまとめて請求

上記のうちKDDIまとめて請求だけは、auひかり 電話サービスに加入しなくても利用できます。

auひかりとau携帯電話のセットでau携帯電話の月額料金が割引になるauスマートバリュー

auスマートバリューは家族の人数分、最大10台までのau携帯電話が毎月最大2,000円割引になる公式キャンペーンです。下記が、auスマートバリューを適用させる手順です。

  1. au携帯電話とauひかりを契約する
  2. auひかり 電話サービスに加入する
  3. auスマートバリューを申し込む

3ステップになっていますがauひかりを申し込む時、auひかり 電話サービスとauスマートバリューも同時に申し込めるので、実質1ステップです。

auひかり 電話サービスは毎月500円の月額料金がかかりますが、auスマートバリューを適用させると毎月500円以上割引されるので、au携帯電話を家族で1台でも持っているなら、もし固定電話を使わない場合でもauひかり 電話サービスに加入した方がお得です。

auひかり 電話サービスだけ解約するとauスマートバリューが適用されなくなる

『固定電話は使わないから、ひかり電話を解約しよう』と思ったあなた、少し待ってください。auひかり 電話サービスを解約すると、他のサービスも自動的に解除されてしまいます。

au携帯電話を持っている場合、一番解除されて困るサービスは、auスマートバリューです。auスマートバリューはau携帯電話の月額料金を割引するサービスで、最初の2年間は最大2,000円、3年目以降は934円毎月割引になります。

月額料金を安くしようと思って使わないauひかり 電話サービスを解約すると、auひかりの月額料金自体は下がりますが、au携帯電話の月額料金は上がります。トータルで見ると、逆に高くなってしまう場合があるので注意してください。

auひかりとau携帯電話のセットで通話料が無料になるauまとめトーク

au携帯電話を契約していて、auひかり 電話サービスに加入するとauまとめトークが適用されます。

  • すべてのau携帯電話
  • すべてのauおうち電話

auまとめトークが適用されると、自宅の固定電話から上記の電話にかけた場合、国内通話が24時間無料になります。

auひかりとau携帯電話のセットで通話料が無料になるau自宅割

au携帯電話を契約していて、auひかり 電話サービスに加入するとau自宅割が適用されます。

au自宅割が適用されると、自分のau携帯電話から自宅の固定電話へ電話をかけた場合、国内通話が24時間無料になります。

auひかりとau携帯電話の支払いはまとめられる

契約者が同一名義か家族の範囲内であれば、auひかりとau携帯電話の請求書をまとめられます。

auひかりとau携帯電話のほかにも、auでんきなどKDDIのサービスは契約者が同じなら全てのサービスの請求書をまとめられます

請求書をまとめるには、My auかauショップか電話での申し込みが必要です。

請求書をまとめる申し込み先
My au
請求書をまとめる申し込み窓口電話番号
0077-7-111

auひかりとau携帯電話セットのサービスで手続きが必要なものと手続きが必要ないもの

auひかりとau携帯電話セットで適用になるサービスは、契約すると自動的に適用になるものと、申し込まなければ適用されないものがあります。

サービス サービス内容 手続き
auスマートバリュー
家族全員のau携帯電話が最大10台まで毎月最大2,000円割引になる
必要
auまとめトーク
自宅の固定電話から、すべてのau携帯電話とすべてのauおうち電話にかけた国内通話料が、24時間無料になる
不要
au自宅割
自分のau携帯電話から自宅の固定電話へかけた国内通話料が、24時間無料になる
不要
KDDIまとめて請求
auひかりとau携帯電話、auでんきなどKDDIのサービスの請求書をまとめられる
必要

 
auまとめトークやau自宅割りなどの通話料が無料になるサービスは手続きしなくても適用されますが、それ以外のサービスを適用させるには手続きしなければなりません。

特にau携帯電話の月額料金が安くなるauスマートバリューは手続きしなければ適用されず割引にならないので、手続きを忘れないようにしましょう。

au携帯電話を持っていてフレッツ光なら迷わずauひかりに乗り換え

au携帯電話はフレッツ光では安くならないので、au携帯電話を持っているならau携帯電話の月額料金が毎月最大2,000円安くなるauひかりに乗り換えましょう。

auひかりはフレッツ光の解約違約金相当額を還元するキャンペーンや、初期工事費相当額を還元するキャンペーンを行なっているので、金銭面での負担がなく乗り換えられます

また、代理店サイトからauひかりを申し込めば、高額キャッシュバックもゲットできます。

au携帯電話を持っていない場合のauひかりのメリットは回線速度の速さ

auひかりの料金はフレッツ光や他の光回線の料金と比べて、ほぼ同じくらいで大差ないので、au携帯電話を持っていないのなら、auひかりにした時に料金が安くなったとは特に感じないでしょう。

ただ、SoftBankのスマホでもdocomoのスマホでも割引が無いだけで、auひかりを利用する分には問題なく使えますし、フレッツ光よりauひかりの方が速い速度でインターネットを利用できる可能性が高いです。

auひかりはフレッツ光の回線を使わない独自回線で、プロバイダ一体型となっているため、フレッツ光で発生していたプロバイダ間の工事の遅延によるピーク時間の回線品質の低下が起こらないので、他の光回線よりも安定した速度でインターネットを利用できる可能性が高いです。

docomo携帯電話でもドコモ光よりauひかりの方がお得になる場合がある

光回線の提供会社は各社、携帯のキャリアと光回線のセットで安くなるプランを用意しています。

au携帯電話ならauひかりが一番安くなりますが、docomo携帯電話を持っているならドコモ光、SoftBank携帯電話を持っているなら、SoftBank 光が一番安くなります。

しかし、docomo携帯電話を持っていてドコモ光にしても割引額が低いので、携帯電話がdocomoであっても、キャッシュバックを含めるとauひかりにした方がお得になります。

au携帯電話の料金を安くしてさらにキャッシュバックもゲットする

auひかりはKDDIやauから申し込むとauスマートバリューなどの公式キャンペーンが適用されますが、キャッシュバックはもらえません。

代理店サイトからauひかりを申し込むと、auスマートバリューなどの公式キャンペーンのほかにも高額キャッシュバックがもらえます

下記でauひかりの代理店サイトを比較しているので、auスマートバリューなどの公式キャンペーンとともに高額キャッシュバックを簡単にゲットできる代理店選びの参考にしてみてください。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

auひかり コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)