1. ホーム
  2. auひかり
  3. ≫auひかりに乗り換えたときの工事内容

auひかりに乗り換えたときの工事内容

auひかりを開通させるには必ず工事が必要になり、立ち会わなければいけません

屋外の切り替え工事と、屋内への引き込み工事、接続機器の設置工事すべて合わせて1時間前後です。

auひかりの工事費は高額ですが、公式キャンペーンで実質無料になります。

代理店サイトからauひかりを申し込むと、公式キャンペーンで工事費が無料になる上に高額キャッシュバックもゲットできるので、ぜひチェックしてみてください。

auひかり 工事内容

auひかりを契約したら必ず工事しなければならない

auひかりはフレッツ光の回線を利用していない独自回線なので、auひかりを契約したら必ず工事が必要になります。

工事は、交換局内の工事と、自宅近くにある電柱で行なう工事の2種類です。

auひかりを開通させるには両方の工事を行ないます。

自宅近くにある電柱で行なわれる工事の内容

自宅近くにある電柱の工事は2ステップです。

  • 電柱近くの電線にあるクロージャや端子函と呼ばれる箱の中にある、光ファイバを複数ユーザに分散させて共有するための機械『光スプリッタ』の接続変更の工事
  • 引込み線を使って光スプリッタを自宅の光コンセントへつなぐ工事

上記の工事で使う引込み線にフレッツ光のものを流用できるなら、ほぼ屋外の工事のみでauひかりを開通できますが、フレッツ光の引込み線を流用できない場合は、自宅内で光コンセントを作る工事も必要になります。

工事の立会いは必須

光スプリッタの工事は自宅近くの電柱で行ないますが、自宅内での作業も必ず必要になります。

  • 光ファイバーを自宅で使うために必要な機械ONUの設置
  • 光でんわや無線LANを利用できるようになるホームゲートウェイの設置

上記の作業は自宅内しか行なえないので、工事には必ず立ち会わなければなりません。

auひかりの工事費は実質無料

auひかりの工事費はホームタイプが37,500円、マンションタイプが30,000円で、月額料金に上乗せされて請求されます。

auひかりは、初期費用相当額を月額料金から割引するキャンペーンを行なっていて、月額料金に上乗せされた工事費分の金額が毎月割り引かれるので、auひかりの初期工事費は実質無料です。

KDDIやauなどで変な申し込み方をすると、初期費用相当額が割引にならない場合があるので注意してください。

auひかりを代理店サイトから申し込めば高額キャッシュバックがもらえて工事費も無料になる

代理店サイトは独自のキャッシュバックキャンペーンを行なっていて、初期工事費を月額料金から割引する公式キャンペーンと併用できます

公式キャンペーンと高額キャッシュバックを両方ゲットするには、代理店選びが大事です。

下記でauひかりの代理店を比較しているので、ぜひ高額キャッシュバックを確実にゲットできる代理店選びの参考にしてみてください。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

auひかり コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)